★広告掲載タイトル★
そのカラダ、甘く舐めつくしたい。


「こんな甘い女…食べた事ねぇや」ギタリストのゴツゴツした固い指先が私のナカをクチュってして…濡らされて…彼に優しく抱いてもらいたくて、私は嘘をつき続ける──私が働くカフェの常連さんは、大好きなバンドのギタリスト。憧れの芸能人の近くで働けてラッキー♪だけど彼は私の事を完全に男だと信じ込んでいて…。ある日ちょっとメイクしてスカートはいてみたら、「私」だって気づかない彼が「女の格好をした私」の事を好きになっちゃった!?それからというもの、嘘をついたまま女の子に変装(?)して彼に抱かれに行く私。罪悪感と切なさばかりが溜まってゆくばかりで…。
  • そのカラダ、甘く舐めつくしたい。
  • そのカラダ、甘く舐めつくしたい。
  • そのカラダ、甘く舐めつくしたい。
  • そのカラダ、甘く舐めつくしたい。
  • そのカラダ、甘く舐めつくしたい。
  • そのカラダ、甘く舐めつくしたい。
  • そのカラダ、甘く舐めつくしたい。



高梨くんの半分はサドでできています


高梨くんの半分はサドでできています
「人が痛がったり泣いたりするのを見ると興奮するんだよね」大学中の女子を虜にするイケメン、高梨くんの衝撃の告白。イケメンだけど胡散臭い、凛が彼に抱いていたイメージが的中!?突然、押し倒された凛の目の前には怪しい笑顔の高梨くん。抵抗もできずに弄られたカラダは乱れ、高揚していく…が、唐突に与えられたのは"痛み"。混乱する凛の思考とは裏腹に何度も繰り返し与えられる快感と痛みにカラダは……
立ち読みはこちら

偽装恋愛


偽装恋愛
「カメラの前でもお前は俺のことだけを考えてここを濡らしていればそれでいい」初恋も未経験、もちろん男性経験ゼロの女優・朋恵が"情熱的な恋に生きる女性"を演じるために選んだのは、恋人役・柴崎との恋人契約。「そのままちゃんと自分で開いてろよ」M字に足を開かされ、きれいな指で私を触る。「…ここか」容赦なく隅々まで弄り、何度も熱い○○を注ぎ込む。楽屋に響き渡る淫靡な声…。彼が触れるたび、私のカラダは淫らに作りかえられていく─…
立ち読みはこちら

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?


帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?
「ごめん…俺我慢できないかも」誰にも触れられたコトのない秘所を舐められ、溢れだす蜜。こんなのダメってわかってるのに、どうして拒めないの!?――地方へ出張にきた皐月とその上司・理人。理人は女子にモテモテだけど、女の子好きで八方美人。そんな彼を苦手に感じていた皐月だが、その日、皐月のミスで飛行機を乗り過ごしてしまう! そこは周りを見渡す限り、人気もなく車も通らない田舎町。しかし途方に暮れる2人の前にはラブホテルがあり…!?
立ち読みはこちら


© エルラブ